フュルト市広島平和記念式典1995

平和祈念会場

平和祈念会場

フュルト副市長ブラント氏挨拶

広島・長崎原爆から50年になる年、駅前の地下鉄工事と作者の提案で、加藤邦彦作
の広島平和祈念碑がフュルト駅前からフュルト市立公園に移動設置された。公園入
り口のプロテスタント復活教会東側の広々とした緑地にある三本イチョウ樹の前に
設置された記念碑前で
,それ以降も毎年8.6広島平和祈念式典が行われるようになった。

この年には加藤邦彦・温子の提案で、平和祈念碑隣の復活教会を展覧会場に公開して
もらえるようになり
,「平和の国際芸術展」を8.6広島平和祈念行事として,平和文化を
育むことを目的にフュルト市長主催で、いろいろな国の芸術からと展覧会を行うよう
になった。以降もフュルト市長主催で毎年続いている。

この展覧会へは,ドイツ人,日本人,ベトナム人,ロシア人,イラン人,イラク人、ユダヤ人
,ポーランド人の作家らが参加し,多くの市民らに見てもらい良い批評を受けた。会場の
協会内や広島平和祈念碑緑地には市民らと一緒に折った千羽鶴を飾り
,広島・長崎原爆や
サダコと千羽鶴に関しても伝えた。作品展示や当番を加藤邦彦・温子が有志等と行った。
またこの展覧会を通して作品集や絵葉書などで集めた寄付金を全て、チェルノヴィル原
子炉事故で被曝した子供達の救済施設へ送った。

フュルト平和祈念式典2

フュルト平和祈念式典1

Nbg.ニュルンベルグ

ニュルンベルグ市長の平和アクション

温子、ニュルンベルグでの平和アクション

広島平和祈念碑移動

Monatsugruss平和の芸術展の記事

NNニュルンベルグ新聞記事

1995.2.11−12フュルト新聞記事・

1995.12.31FNフュルト新聞

1995.7.19FNフュルト新聞・平和の芸術・記事

7.26FNフュルト新聞記事