5月28日から6月6日まで「加藤邦彦・温子2人展」ロスタール、
            シュピッツヴィード・ショイネ画廊にて

  オープニングは初日19時, 回廊時間は土曜・日曜の10-13時と15-18時まで
   Kato&Kato Kunstausstellung
   in der Spitzweed-Scheune, Schulstr.25, 90574 Roßtal
  28.Mai – 6. Juni, Eröffnung um 19 Uhr
   Öffnungszeiten : Sa.& So. 10-13, 15-18 Uhr

加藤邦彦・温子2人展

Press FN2010.6.1.jpg

PressBlauerKurier2-15.6.2010

ロスタールでの展覧会初日は幸運にも晴天で入場者がたくさんありました。1829年に建てられた古い石作り納屋を改装した展示空間で、ロスタール村長、村会議員、州議会議員、フュルト市立画廊館長等の出席で賑やかなオープニングした。開会後週末日曜には男性コーラスグループが展覧会場にて、春や五月の歌をいくつか合唱してくれました。私達は明日6月3日の祝日15時から、特別案内をこの会場にて行います。ロスタールは人口たった1万人ですが、文化活動への関心は高く、この展覧会場は地元の村民等による非営利団体で支えられています。私たちの二人展はロスタールの希望で、予定よりも1週間長く開催延長されることになりました。

2010.5.22 作品搬入風景