1.423日から521日迄(オープニング・423日)

    ノイブルグ・アン・デア・ドナウ市庁舎ギャラリーで二人展
      23. April - 21. Mai, Ausstellung von Atsuko & Kunihiko Kato im      Rathaus-Galerie  
  Neuburg a. D. Donau, Eroffnung am 23. April

2.5月第1週末から(オープニング・57日)

    フュルト市立美術館でヨーロッパ連盟主催、温子個展
       7. Mai, Atsuko Kato “Europa Ausstellung ? im Stadtmuseum        Fuerth-Burgfarrnbach

3.527日から730日迄 (オープニング・527日)

    シリングスフュルストのルートヴィック・デルフラー美術館で2人展(美術館脇の  
  カーディナル公園には、音楽家フランツ・リストの銅像があり、その近くに3本イチョウの
  木もあるので、この公園へも私達が育てた日本の実生イチョウを、二人展記念に地元中学校
  の生徒達のコーラスで一緒に植樹アクションを計画中。)

      27. Mai - 30. Juli, Ausstellung von Atsuko & Kunihiko Kato
      im Ludwig-Doerfler-Stiftung-Museum in Schillingsfurst, Eroffnung am 27. Mai

4. 612日から626日迄

    彫刻シンポジウム「水・大理石・人」
      ヴュルツブルグ郊外のバートキッシンゲン市からの招待参加(加藤邦彦)
      12. Juni - 26. Juni, Kunihiko Kato beteiligt zum Skulpturen-Symposium
      ?Wasser-Marmor-Menschenbild“ in Bad Kissingen bei Wurzburg

5. 9月初旬から2週間

     グァテマラの公共空間でのアート・シンポジウム

     ニュルンベルグ・フュルト・エアランゲンのフランケン三大都市共同アクションとして、
     グァテマラの地元芸術家達との文化交流を推進する目的。
ニュルンベルグ(ニュルンベルグ・
      美術大学元学長のハンス・ヘルピッヒ教授)、フュルト(加藤邦彦・温子)、エアランゲン(芸術
      家のディーター・エアハルト)が参加する。

        Vom Anfang September bis zwei Wochen ( Termin ist noch nicht fest )Kunst-Symposium ?Offentlichem Platz“
          in Guatemala, fur die Zusammenarbeit mit den einheimischen Kunstlern. Grosraumprojekt von Nurnberg (Prof.
         Hans Herpich), Erlangen (Dieter Erhard) und Fuerth (Atsuko & Kunihiko Kato)

2006 年 活動計画

詳細