先週からフランスの姉妹都市リモージュで制作をし始めたリモージュ焼の工房アルキエはビエン
ヌ河に沿った所で、私達の宿泊地から徒歩二分、とても便利です。

市庁舎や、私達が2005年に二人展を行ったオランジェリーも、ここから徒歩5分くらいで、満開の
桜を見ながら散歩道にも素晴らしい所です。

制作し始め2日目には地元テレビ局の取材もありました。このコンペ1時に通過した作家が一人
づつ市内の工房で制作している様子をフランスのリモージュ市ケーブルテレビで報道しており以下
のインターネットを通じて見ることができます。

リモージュへ磁器アートコンペ作品制作
   
リモージュ磁器工房脇ビエンヌ河

リモージュ

リモージュレストラン向かい

2012年6月20日から9月19日迄リモージュ市庁舎脇の図書館メディアテークで展示予定

 

http://www.7alimoges.tv/Rencontre_Atsuko_Kato_v365.html
リモージュ国際磁器アート展
     応募作品制作2012

リモージュ市庁舎
リモージュ焼制作
リモージュの桜

フランスの姉妹都市リモージュの国際磁器アートコンペ/温子の応募作品
第1作は4角の簡単な形から始めました。手早くやらないと土が乾いてカットしにくくなりひび割れのもとになるので、脇で
邦彦氏にハッパをかけられながら手伝ってもらい仕事しております。4.5.6角と変形18角形のランタン制作をして5月
16日に市庁舎へ提出します。これが6月19日から9月16日迄リモージュ市庁舎にて展示されます。、