2015年7月 ドイツ便り

   
 アトリエで咲き続けるブーゲンビリア  邦彦の木彫・生き物
   
 州立フュルト職業学校・2(坪井氏作品場所予定) 州立フュルト職業学校・1(恵村氏作品場所予定校) 

猛烈な暑さの7月、ブーゲンビリアが咲き続いている我が家のアトリエから、皆様へ
暑中お見舞い申します。

今夏719日から81日迄ザクセン州マルクノイキルヘンで第20回木彫シンポジウムと
86日から9日迄平和連帯都市フュルト30年で戦後70年・広島・長崎原爆慰霊式に作品展
参加される坪井勝人氏と恵村正太氏を
715日に迎えました。810日以降の両氏の作品
収蔵場所候補であるバイエルン州立職業学校1校と2校を訪問し、それぞれ校長先生と
一緒に構内の作品設置予定場所も決まりました。

7月19日の朝出発で、両氏を邦彦が車でザクセン州のシンポジウム開場へ送って行き
ました。

ドイツでこの夏ふたつの催し参加で作品制作を行うお二人には、ぜひ元気にやってもらい
たいと願っております。

広島・長崎と平和連帯30年になるフュルト市では、8月6日18時から、市立公園内復活
教会東緑地の広島平和祈念碑前で、フュルト市長による戦後70年原爆被災者への慰霊
式典が行われます。市長の招待状をここへ添付しメールさせていただきます。

できるだけ多くの皆さまに御出席頂けるよう、お誘いのうえお来しくださいますように
お知らせいたします。

坪井勝人氏の彫刻「7つの風に吹かれて」と、恵村正太氏の彫刻「記憶・再生」の他、広島
出身の故・片岡脩氏の遺作平和のポスター、加藤邦彦・温子の作品も広島の日8月6日
から長崎の日・8月9日迄、復活教会の中で展示致します。

皆様の御健康をお祈りし、御来場可能な方々をお待ちしています。