2015年10月 ドイツ便り

10月3日は、ドイツ東西統合から25年、早くもそんな年月が経ったのが信じ
られないほどです。

旧東独の人々が、かつて今の難民の波のごとく西独へ移動した当時の画像が
ニュースに流れ、25年前と今の状態が眼の前に重複してきます。

あれからさらに、ヨーロッパ統合、

そして今、世界的な難民移動、いや民族移動を、大いなる可能性と危険性が紙一重に
なった時代を世界が迎えていることを感じます。

今月 私達は、ふたつの展覧会への展示参加があり、ここに御案内を添付します。

エアランゲン郊外テンネンローエの彫刻の道・野外展「彫刻の軸」

10月25日14時30分オープニングで、1年間開催

スタート地点は、消防署前から

Skulpturenweg - Freilichtausstellung SKULPTURACHSE in Tennenlohe

Eröffnung am Sonntag  25. 10. 2015 um 14:30 Uhr , Ausstellungsdauer 1 Jahr

Treffpunkt : an Freiwillige Feuerwehr Tennenlohe bei Erlangen

http://www.tennenlohe.de/skulpturachse

ミュンヘンの国立エジプト美術館のアート・エリアにて、クンストサロン展

10月7日オープニング(17から20時)で、10月25日迄

10月23日17から21時、館内のメディアルームでバイエルン州難民救済課援助の
オークション

KUNSTSALON 2015 im staatlichen Ägyptischen Museum München Kunstareal

Eröffnung am Mittwoch, den 7. 10. 2015 um 17 – 20:30 Uhr

Benefiz-Kunstauktion am Freitag, den 23. 10. 2015 um 17 – 21 Uhr

www.fmdk.de    www.fluechtlingsrat-bayern.de

Information zu den Ausstellungsbeteiligungen im Oktober