生き物LA・積雪した邦彦の石彫  天への色彩・温子の油彩画 積雪したフュルト自宅中庭の植物 
Lebewesen-LA im Schnee
Skulpturachse-Ausstellung
 Farben für den Himmel
Ölbild von Atsuko KATO
 Schneebedeckte Pflanze im
Atelier-Innenhof

Foto:Dieter Erhard www.tennenrohe.de/skulpturachse

ドイツ各地から桜開花が伝わるほど異例な春のように暖かい冬のままで、年を越しました。冬でもお日さまの
温もりと青い空があるだけで、幸せな気持ちになりましたが、新年
3日目からはフュルトでもさすが冬らしい
雪になりました。我家のアトリエの中庭では、雪を被った植物がまるで星の様に見えます。

2016年1月 ドイツ便り

テロや難民や紛争そしてヨーロッパの国々における社会不安や憤懣が世の中を寒々とさせてきました。解決策が
見つからないままに、物々しい警備の中で大晦日から新年へと年が生まれ替わりました。新しい年へと繰り越さ
れた難題を抱えて、
2016年は人類の知恵が試される年となるでしょう。
人類がこれまでの歳月を費やして求めて来た人間的な知恵を、いかにして良い方向へと活用できないものであろう
かと。

芸術を通して私達にできる事は少ないかもしれませんが、今年もまたいくつかの企画参加が決定し活動を続けます
ので、今後もどうぞよろしくお願いします。

・2015年秋~2016年秋、テネンローエ「彫刻の軸」国際野外彫刻展、邦彦参加

・20162~3月、加藤邦彦・温子・展、キッツィンゲン市立博物館

・2016423日~2017年初旬、フランス・シャルトルの国際ガラスセンター「世界の光を求め」300点の
 国際現代ガラスアート招待展、温子参加

2016529~626日、「10=10」フュルト市立画廊、後援会10周年記念招待展、温子参加

・2016917日~4週間、フュルト市美術友の会70周年記念招待展、ブルグファルンバッハ城フュルト市立
 博物館、温子参加