フュルト市 広島平和祈念式典2017

フュルト新聞2017年8月15日 
文化欄30ページ、フォルカー・ディットマー記者

「第二の故郷との別れ」41年後に日本へ帰還する
加藤邦彦・温子芸術家夫妻

芸術家夫妻―前列のトーマス・ユング市長と右端の柳秀直・日本総領事の間、
市立公園の復活教会脇の平和祈念碑前

                                                写真と記事・フォルカー・ディットマー

「平和活動家との別れ」文化賞受賞作家夫妻と最後の広島慰霊

フュルト新聞2017年8月7日フュルト市内版30ページ

8月6日の日曜日午前11時に、フュルト市公園の復活教会東緑地に在る広島平和祈念碑前で、
今年もトーマス・ユング市長、柳秀直日本総領事、市民等や平和を願う人々が各地から集まり、広島
長崎原爆慰霊が行われました。

邦彦が制作した広島平和祈念碑前にて毎年1986年来フュルト市で行われる原爆慰霊に参加するのは、
私たちにとっていよいよこれが最後になりました。